モバイルルーターの通信速度の性能の違い

モバイルルーターについては、スマートフォンが日本全国で幅広く普及する以前から端末の提供を行っていたイーモバイルとワイマックスや、ソフトバンク、ドコモなどがサービスを行っています。
モバイルルーターによって速度や通信制限など各種において性能が異なります。
ソフトバンクの102HWは、通信の速度が下り最大で110Mbps、上り最大で10Mbpsで連続して通信できる時間は最大で7.5時間の性能となっています。
イーモバイルのGL06Pは、通信の速度が下り最大で75Mbps、上り最大で25MbpsでイーモバイルLTEのエリアでスピードの対応ができ、エリア外は上り最大で5.8Mbps,最低1.4Mbps、下り最大で21Mbps、最低14.4MbpsのイーモバイルG4のエリアとなります。連続して通信できる時間は最大で12時間の性能となっています。
ワイマックスのHWD14は、通信の速度が下り最大で110Mbps、上り最大で10Mbpsとなり、連続して通信できる時間は最大で9時間30分の性能となっています。
ドコモのL-03Eでは、通信の速度が下り最大で112,5Mbps、上り最大で25Mbpsとなります。
このようにモバイルルーターによって通信速度の性能が変わってきます。